スタッフコラム

lead_staff

[ 2016.09.02 掲載 ]

Z/Xスタッフによる制作コラムです。
様々な担当から制作にまつわるよもやま話をお伝えしてゆきます。

[ 2017.03.02 追記 ]
・第2回を掲載しました。

山本の部屋

第2回 Z/X営業担当お店様にお邪魔する (2017.03.02)

どうもお久しぶりです。
ブロッコリーでカードの営業をしている山本です。
今回のお題ですが、先日お邪魔した「カードキングダム秋葉原駅前店」様でのイベントの状況を書きましょう。

画像1
新しくOPENした5Fスペースを使用させて頂きました。

この日は来場されたプレイヤーの方々同士、ゆるーく対戦して頂きつつ、私もお客様と対戦したり、持ち込まれたデッキの相談を受けたりしていました。

画像2
みなさんのデッキをひらいて相談します。本当にお役に立てるかは微妙ですが…。

私自体、(サンドバッグという不名誉な二つ名もあるとおり)ハイレベルなZ/Xプレイヤーとは言えないのですが、それでも誰かと相談の上でデッキをいじるというのは楽しんで頂けたようで、何人かのデッキを触らせてもらうことができました。

画像3
相談に向けてこんなものを持ち込んでました。プロキシを作ったりカードを確認したりします。

現在、Z/Xにおいては店舗に直接伺って情報交換をするスタッフが私を含めて4人います。
最近はYouTubeで商品紹介の動画を週に一度流しているので観て頂いた方もいるかもしれませんね。
(ちなみにこちらの相談会の模様も紹介させて頂いております)

画像4
画像クリックで「Z/X Channel」へ飛びます。他の動画も是非ご覧ください。

そんな私たちがZ/Xを一定レベルでプレイできるのは一つのメリットだと思っています。
これから我々4人はさらに積極的にお店のイベントにお邪魔しようと考えています。
いずれは私たちが伺ったイベントだけで配布できるような特別な景品等も用意したいですね。

なるべく事前にお知らせしてからお邪魔しようと思いますので是非遊びに来てください。
その時は是非自慢のデッキと一緒に声をかけてもらえれば幸いです。

第1回 24SPを振り返る (2016.09.02)

このコラムでは初めまして。
ブロッコリーでカードの営業をしている山本と申します。
何を書けばよいのか若干困惑の状況ですが、これからも機会があれば登場していくことでしょう。
そんな私の今回のお題ですがこれに尽きます。

「イグニッション放送局24SP配信お疲れ様でした!!」

これは配信した側の我々もそうですが、ご協力いただいた店舗様やもちろん、観て頂いた皆様にも言えることです。
タイムシフト予約等でご覧になった方々がそろそろ全部視聴できたようなので、このタイミングにしました。

いまだから言えますが、この配信はかなりの突貫作業でした。
「やる」という決断はそれなりに前からなされていましたが、通常の制作業務やイベント業務などが絡んで実際の収録は直前まで行われていました。

ちなみに「プロデューサー久保田の7番勝負」の最終戦の収録が17日(本番3日前)「ハイスピードZ/X」「Z/Xカルタ」「Z/Xダウト」は18日(本番2日前)の夜に収録されたものです。
映像編集担当はそれこそ貫徹を続け、最終の編集が終了したのは20日当日の直前までかかっています。(本当に感謝)

ちょっとこぼれ話ですが、18日は「ハイスピード→カルタ→ダウト」という順番で収録されています。
(そりゃあエアロバイクに乗ってないアライはカルタ強いよ。他の3人ヘロヘロだもの)

画像1
おっさん二人の屍。ここからさらに収録は続く。

これを理解して改めて映像を観てみるとナスの目がだんだん死んでいくのが良くわかります。
本人も「口は笑っているけど目が笑えてない気がします」と言ってました。

画像2
本人曰く「目が笑ってない笑顔」。

むしろ後ろのモザイク齋藤の方が燃え尽きる前の蝋燭のように感じる。

そんな不安を抱えた配信ではありましたが、否応なくオープニングを迎えました。
ただ私個人としては「Z/Xフォローアップユニット」のお二人、春村さんと星谷さんが画面に登場した時点で「あれ?結構いけるんじゃない?」と思いました。
それぐらい華やかなお二人でしたね。

画像3
IG久保田はモニターでコメントを観て嬉しそう。

画像4
会社内にある等身大リゲルと記念写真。

おふたりも、ありがとうございました!

実は隠れコンセプトのひとつとして、「どんな人々がZ/Xを作っているのか知ってもらう」というものがありました。
そういう意味ではリアルタイムカード開発室を担当した八ツ塚・ナス組、そしてイラストレーターの天川さっこ先生には本当に尽力いただきました。
カード開発の現場というものが(かなり誤解もありそうですが)伝わったのではないでしょうか。

もちろん出ていたメンバーだけではなく、多くの人・会社が絡んで「Z/X」というものが出来上がっていますが、そこに少しでもみなさんが親近感を感じてくれたのであれば、この企画は成功といえるでしょう。

画像5
イベントではヘッドジャッジを務める八ツ塚さん。
今回の配信で多少なりとも人となりが見えたでしょうか。

画像6
この画像を見た時は感慨深いものがありました。
(私の顔は全く見えませんが…)

こんな状況で行われた「イグニッション放送局24SP」ですが、みなさんが少しでも楽しんで頂けたなら何よりでした。
(「またやろう!」とは口が裂けても言えないですが…)

さぁ、ここで配信をご覧いただいたみなさんにご協力のお願いです。
是非、今回の24SPで面白かった、また観たいと思うコーナー、あるいはその感想を教えてください。
今後の通常配信版の「イグニッション放送局」やその他イベントに生かしていきたいと思います。

編集部:注
このコラムの更新後しばらく間を置きまして公式Twitterにてアンケートを実施します。

それでは今後ともZ/Xをよろしくお願いいたします。

イグニッション放送局24SP

ページトップへ