ソトゥ子の部屋 特別回 黒崎神門追加収録編

ソトゥ子の部屋 特別回 黒崎神門追加収録編
Illust. 桐島サトシ

[ 2014.03.09 Sotwuko's Room @sotwuko : memory linker 収録 / 2015.01.29 掲載 ]

ソトゥ子
久しぶり……。ソトゥ子の部屋は…全10話+αでひとまず完結したけど、
リスナーからのご意見とクレームに…お応えして、特別回の実施が…決定。
不幸な巡り合わせによって…唯一未登場だった…あの人と、そのゼクス使いを…招待した。
ひよこファントム
〓 11-01 〓 RN:ひよこファントム
ソトゥ子
それじゃ…おふたりとも、
どうぞー……。
神門
「第6回 倉敷世羅編」以来か。
いつか死ぬと思っていたが、
元気そうでなによりだ、魔人ソリトゥス。
ソトゥ子
ソリトゥス…知らない子ですね。
私は、リス・ソトゥ子。
神門
ああ、そうだったな。
アレキサンダー
おお! これが噂に名高いソトゥ子の部屋!
黒の世界の悪霊どもが蠢く、古めかしい廃屋を想像しておれば、大違いではないか。
照明はまばゆく調度類は豪奢でありながら、
単体で強く主張することもなく、全体の調和を保っている。
なかなか品の良い部屋ではないか……驚いたぞ、褒めてつかわそう。
ソトゥ子
う、うん。
アレキサンダー
だが、側壁の大穴はいただけないな。美観を激しく損ねている。
それから、一部分だけカーペットの色が異なるようだが
……のわっ!?

effect:アレキサンダーがカーペットを突き破って落ちる音

effect:ギリギリのところで床の縁につかまる音

ソトゥ子
後で…説明しようと、
思ってたのに……。
アレキサンダー
おのれ諮ったな! やや、よくよく見れば壁や床だけではなく、天井にも大穴が!
さてはあそこから巨大鉄球が余をめがけて落ちてくるのだな!?
神門よ、やはりこれは敵の罠! 即刻この魔女めの首をはねてくれようぞ!
神門
落ち着けアレキサンダー。
部屋の構造と特殊性は、
寝る前に話しておいたじゃないか。
アレキサンダー
う、うむ?
そうだったか……?
神門
ゆるふわ頭め。
それに引き換え、貴様は……変わったな。
以前なら、アレキサンダーの大声におびえていたと思うが。
ソトゥ子
いろんな人と…友達になったから。
いろんな人が…いろんなことを考えてるって…分かったから。
友達になることにも…もう、こだわってない……。
神門
ふっ、そうか。
ならばさっそく始めてくれ。
合言葉は、何だ?
ソトゥ子
神門君…アレキサンダーさん、
私と意思ソトゥ、しよ♪
アレキサンダー
してみせようぞ!!
神門
Good.
ソトゥ子
「ソトゥ子の部屋」はこれで本当の最終回だから…もう使う機会…ないかもしれない。
それでも、私…この言葉をずっと…大切にする。
神門君、考えてくれて…ありがとう。
神門
礼にはおよばん。

天才軍師と呼ばれて

ソトゥ子
神門君への追加質問…とかから。
アレキサンダー
真打ちは後回しということだな。
よかろう! 続けろ!
ソトゥ子
…………。
まずは…アレキサンダーさんへ…内緒の質問。
神門君…耳を……。
アレキサンダー
なんだと!?
ソトゥ子
〓 11-02 〓 RN:のっぺ
(アレキサンダーに聞かれるとまずそうなので直接質問です。
 神門さんは妹のために東京を目指していることを伏せていますが、今もまだ伏せていますか?
 ずっと一緒に戦ってきたアレキサンダーや赤の世界の軍勢に本心を打ち明けたくないですか?)
神門
問題ない。
妹の魂を復活させるという俺の最終目標は、とっくの昔にアレキサンダーに明かしてある。
私情も抜きに侵略者の赤の世界へ手を貸すなど、説得力が伴わんだろう。
アレキサンダー
その件であったか。
確かに最初に協定を結ぶ時点で聞かされていた。
如何なる理由であれ、才気煥発の原動力になるのであれば、余は一向に構わぬ。
神門
アレキサンダー以外の関係者には
伏せているがな。
ソトゥ子
ほかの人たちには
どう…説明してるの?
神門
もとより身勝手な連中ばかりなんだ。
必要以上に他人の詮索をすることもない。
アレキサンダー
すべてを掌握すること、人ひとりを救うこと、いずれも困難な道に変わりはない。
真の目的がどうあれ、神門は我が覇道に必要
……それだけだ。
ソトゥ子
〓 11-03 〓 RN:青葉志乃@緑の竜の巫女ちゃん食べ隊
軍師質問です。クローン体は元一人につきやはり一人だけで
同じ存在が複数いたりなんてことはしないのでしょうか?
クローンポンポン作れちゃったらアレキサンダー様で軍勢作ったりできて
色々ヤバイことになりそうな気がするんですが、その辺どうなんですかね軍師。
アレキサンダー
不愉快極まりない。
神門
詳しくは知らんが、量産できたとしても本人には遠く及ばんだろうさ。
魂の伴わないクローンは、贋作の器だ。
それではキラーマシーン……青の世界の量産型ロボットどもと何ら変わらん。
ソトゥ子
〓 11-04 〓 RN:ヒロ
妹さんの魂は黒の世界にありますが、
黒の世界の狂気は魂を変質させたりはしないんですか?
神門
俺も心配している。
急がねばならん。
ソトゥ子
〓 11-05 〓 RN:焼きそり(ユッケ過激派)
軍師に質問です。世羅ちゃんに「みかにい」と呼ばれているようですが、
妹の春日ちゃんにも同じように呼ばれていたのですか?
神門
表向きは「にいさま」と呼ばれていた。家の中では世羅のように「みかにい」、
あるいは「みかにーちゃん」と呼ばれることもあったか……。
懐かしい、なにもかも。
ソトゥ子
きっと、願いは叶う…から。
神門
安易な励ましはよせ。俺の願いが成就される時は、黒の世界が何らかの不利益を被る時だ。
貴様の隣人が不幸に見舞われることもあるだろう。
俺の知ったことではないがな。
ソトゥ子
なるべく多くの人が…幸せになれる道…探ろう。
神門君なら…私が知ってるみんなと
一緒なら…きっと、見つけられる。
神門
買いかぶりだ。
義理もない。
ソトゥ子
そっかー
……ざんねん。
神門
残念と言いながら、
にやにやするな。
気味の悪いやつめ。
ソトゥ子
〓 11-06 〓 RN:甲斐の四角頭
何がどうなって世羅ちゃんの「魔法少女プリミティブ・セーラ」なる
呼び名を考えついたのか、がっつり聞かせてください軍師。
神門
魔法少女アニメを熱心に見ていた春日のため、
俺が用意した独自設定を流用したに過ぎん。
もっとも、春日にお披露目すること無くお蔵入りとなった失敗設定だがな。
ソトゥ子
どうして?
もったいない……。
神門
春日には後天的な……それでいて、
抗いようのない弱点があった。
……名前だ。
ソトゥ子
カスガ…可愛い名前
だと思う…けど。
神門
そんなことは分かっている!
問題はどうアナグラムしても、
魔法少女らしい名前にならんことだ。
ソトゥ子
ガスカ、スカガ、ガッスー
……ほんとだ。
神門
妹を可愛い魔法少女に変身させてやれない兄の苦労が、
おまえたちに分かるか? 分かるまい!
むしろ、知ったような口をきくな!
ソトゥ子
ええー……。
すみません…でした……。
神門
その点、世羅の名前は
かつて俺が抱えた苦悩を一瞬で解消してくれた。
後は……分かるな?
ソトゥ子
世羅ちゃん…しあわせもの。
神門
ちなみに、世羅がオリハルコンティラノと魔法の力で融合し、ひとつになった魔法少女が「プリミティブ・セーラ」だ。「プリミティブ」は本来「原始の」という意味だが、拡大解釈して「野性の」といった意味合いでも用いている。いずれにしても恐竜を意識していることは容易に想像できるだろうが、それだけではない。「かわいい」という意味を持つ「プリティ」と語感が近いことも重要なポイントだから覚えておけ。あたたまってきたところで、いよいよ能力の説明に移るとしよう。「プリミティブ・セーラ」変身時はパワーが111倍となり、あらゆる敵を一撃で粉砕する。言うまでもないがパワー111倍の数値は世羅の誕生日、1月11日にちなんだものだ。9歳の少女といえども111倍のパワーとなればあらゆる敵性生物を撃退可能だろう。ただし、物理的な粉砕は世羅の教育上好ましくないため魔法の力で厚さ約1ミリの状態に押し潰す。いわゆる「ぺったんこ状態」だが、魔法の力がコーティングされているから相手の生命に別状はない。魔法の扱いに慣れてくれば身体の一部……例えば胸だけを潰すことも可能だ。そもそも先程から連呼している「魔法」は貴様らが想像するような、無責任で不明瞭なエネルギーではない。空気中に少なからず存在するイオン粒子の微弱なエネルギーを特殊技術で増幅させた後にベクトル変換して利用している。件の特殊技術については俺の独自理論が立証されるまでは企業秘密とさせていただこう。さて、無敵に思える「プリミティブ・セーラ」にも実は弱点がある。運用には莫大なエネルギーが必要とされ、具体的には1分当たり11ガロンのカステラを摂取しなくてはならない。そこで必要になるのが膨大な砂糖と卵だが、経費削減のためクローン技術が…………
★ぐれありー★
〓 11-07 〓 RN:★ぐれありー★
ソトゥ子
ここで突然の…神門ちゃん登場……!
ソトゥ子
〓 11-08 〓 RN:Rout
軍師に質問です。今までに作った発明品の中で何でこんなもの作ったんだ?
と言う感じのものを教えてください。よろしくお願いします。
神門
こんなこともあろうかと、
マイスターを脅してつくらせたシリーズその7、
「イオン粒子放出眼鏡」だ。
ソトゥ子
せっかく話題そらしたのに…まさかの、イオン粒子ふたたび……!
……でも、神門君提案の道具にしては…地味かも。
むしろ、どこかの家電メーカーさんが…すでにつくってそうな…でも、まさか……?
神門
この眼鏡のフレーム部分に刻まれた小孔から、
電荷を帯びたイオンが放出される。
ソトゥ子
想像通りの…機能……!
神門
マイナスイオンにはリラックス効果が、
プラスイオンには高揚効果があることは
知っているな?
ソトゥ子
……そうだっけ。
そんな…すごいもの
だったっけ……。
神門
粒子の力を見くびるなよ。
緩急使い分けて浴びせれば、周囲の人間を集団催眠へ誘うことさえ可能だ。
そんな眼鏡を……そうだな、例えば敵対世界との会合の場で、さりげなく装着したらどうなると思う?
ソトゥ子
理論はともかく…まずいことに…なりそう。
もしかして、神門君…すでに、使って……?
神門
思いつきでつくらせてはみたものの、使用は控えた。
どんな小手先技を使おうと、最終的に人の心を動かすものは、
やはり人の心だろう?
ソトゥ子
私もそう思うけど、
神門君は…目的の為ならどんなことも
厭わないんじゃ、なかった……?
神門
ああ、そうだ。
ソトゥ子
矛盾…してる?
神門
ああ、そうだな。ともあれ、俺には不要の品となった。
こいつはくれてやるから、次回以降の企画で場作りに活用するといい。
貴様なら平和的に使いこなせるだろうさ。

effect:ソトゥ子が[だいじなもの]アイテムを手に入れた音

ソトゥ子
う、うん。
ありがとう……?
ソトゥ子
〓 11-09 〓 RN:蒼穹@オールハイル軍師!
天才軍師こと黒崎神門を崇めるものです。
貴方と出会い、貴方を通じてたくさんのExcellentな仲間ができ本当に感謝しています!
私は貴方のためならどんなことも厭わない…これからも貴方の剣であり楯であり続けるつもりです。
オールハイル軍師!
ソトゥ子
ほか…神門君を
褒め称える投稿多数……。
神門
我が赤の軍勢の結束力は
素晴らしいではないか。
アレキサンダー
ふむ、ソリトゥスよ。
余を鼓舞する文もあるのだろう?
読み上げてみよ。
ソトゥ子
え? え?
というか…アレキサンダーさん、
難しい話の連続で…居眠りしてると、思ってた……。
アレキサンダー
戯言を……。
いかなる時も臨戦体制を解かぬのが真の戦士というもの。
それはともかく、文を読み上げてみよ。
ソトゥ子
なかった…とは言えない…………。
アレキサンダー
読み上げてみよ!
気兼ねすることはない!
ソトゥ子
〓 11-99 〓 RN:アレキサンダーイノチ
キャーアレキサンダーサーンカッコイイーコレカラノカツヤクニモキタイシテマスー。
アレキサンダー
うむ!
ソトゥ子
〓 11-10 〓 RN:kozuki_asuka
軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍帥軍師軍師軍師軍師軍師
軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師軍師!
さて、軍師と呼ばれる御門様ならどこが違うか当然わかりますよね? さあお答えをっ!
神門
質問が不完全だな。
何と何を比べた上での違いを
問うているのかが不明瞭だ。
ソトゥ子
意地悪しないで……。
アレキサンダー
神門よ、さては答えが分からず
はぐらかしているな?
余はとうの昔から分かっているぞ!
神門
ほう。
ならば言ってみろ。
アレキサンダー
素人目にはただの「軍師」の羅列に見えよう。
しかし、それは罠だ。よく見ろ。
途中にいくつもの「師軍」が紛れているではないか!
神門
師軍とはなんだ?
アレキサンダー
知ったことか!
ソトゥ子
では、神門君…正解を、
どうぞ……。
神門
ひとつは、俺の名前が違うこと。
御門ではない、神門だ。
ソトゥ子
軍師に気を取られて…気付かなかった。
ほかにもあるの……?
アレキサンダー
師軍に決まっておろう。
ソトゥ子
……あ! 分かった!
ほらここ…ひとつだけ…褌師が
紛れてる…気がしない……?
神門
そんなものはない。
ついに目が腐ったか、
色欲属性の魔人め。
ソトゥ子
あれー……?
どこかで見た気が、
するんだけど……。
ソトゥ子
〓 11-11 〓 RN:われあたま@ベガ勢
天才軍師以外の肩書きってあるんですか?
無いならこんな肩書き欲しいとかないですか?
神門
よせ。
今更ほかの肩書きで呼ばれるなど、
こそばゆくて、かなわん。
ソトゥ子
〓 11-12 〓 RN:kyo
軍師様、軍師様。軍師様のように失敗を乗り越えていくにはどうしたらいいのでしょうか?
決して折れない「天才軍師」が好きです。御武運あれ。
神門
失敗は過程に過ぎない。
高い授業料だったと思い、気持ちを切り替えるのだな。
どこぞの脳天気な関西人のように、まったく考えなしで行動するのは考えものだが。
ソトゥ子
飛鳥君は考えなしじゃなくて…考えが浅い……
わけでもなくて…いきあたりばったりなだけ……!
神門
天王寺飛鳥のことだとは
言っていない。
ソトゥ子
うぐっ。
神門
話を戻そう。
目標への想いが強ければ強いほど、貴様がやり遂げられる可能性は高まる。
残念ながら確率論でしかないが、それが現実だ。精進するのだな。
アレキサンダー
神門よ。
まるで自分に言い聞かせている
かのような物言いだな。
神門
そうかもな。
決して折れない、か……。
この先もそうありたいものだ。

九大英雄の心意気

P-answseЯ(パンサー)@天然褌師
〓 11-13 〓 RN:P-answseЯ(パンサー)@天然褌師
ソトゥ子
ここからは…いよいよ、
アレキサンダーさんが…主役。
アレキサンダー
フフ…ようやく余の時代が到来したようだな。
民草よ、心して我が声を聞くがよい!
ソトゥ子
〓 11-14 〓 RN:『 茶太郎 』
そういえばブレイバーは偉人の魂と記憶があるので人造人間と言えど外国人ですよね?
日本語とかなんでみんなペラペラなんですか?
アレキサンダー
ホワッ!?
神門
あらかじめ「修得言語処理」が脳に施されているのだろう。
少なくとも、俺が技術者ならそうする。
英雄の魂を宿したところで対話ができんのでは、文字通り話にならんからな。
アレキサンダー
うむ。
余もそう答えようと思っていたところだ。
神門
そいつは悪かった。
不要なアドバイスとは思うが、知らないことは知らないと言った方がいいぞ。
特殊な知識を持っていないのは、別段、恥ずかしいことではないからな。
ソトゥ子
〓 11-15 〓 RN:杜若ケイ
自分の中で地味に隠し玉として活躍している九大英雄が一人
シェイクスピアさんについてですが、執筆家なイメージの強い彼が
どのようにして戦っているのかを黒崎神門こと天才軍師(あまかた いさかず)さんと
一応の同僚であるアレキさんは知っていますか?
アレキサンダー
知らん。
ソトゥ子
シェイク・スピア……。
大地を揺るがす…槍の一撃。
相手は死ぬ。
アレキサンダー
嘘をつくな!
それは余の必殺技ではないか!
ソトゥ子
ご…ごめん、
なさい……。
神門
シェイクスピアは、自ら執筆した著書の名を高らかに叫びながら、
ハードカバー本で殴りかかるという。
こんなふうにな……許せよ、アレキサンダー。
リア王!

effect:神門がアレキサンダーに本で殴りかかる音

神門
オセロ! ハムレット!

effect:神門がアレキサンダーに本で殴りかかる音 ×2

神門
とどめだ……。
ロミオとジュリエット!!

effect:神門がアレキサンダーに本で超必殺技を決める音

アレキサンダー
神門……余にここまでの非礼を働いて、
冗談や嘘であったなら、
ただでは済まされぬぞ?
神門
無論、嘘や冗談ではない。
It's a light joke.
というやつだ。
アレキサンダー
うむ?
ならば良い。
ソトゥ子
なんか…ずるい。
神門
それから杜若ケイ。
俺の名は、黒崎神門(てんさいぐんし)こと天才軍師(くろさきみかど)だ。
二度と間違えるな。
ソトゥ子
〓 11-16 〓 RN:リョウ・ダイバ
ジャンヌ「アレキが呂布にやられたようだな」
シェイクスピア「奴は九大英雄の中でも最弱…」
ランスロット「我ら九大英雄の面汚しよ」
こんな会話がされてるであろうアレキさんに質問です。
食べ歩きのお土産は他のブレイバーにちゃんと買ってあげましたか?
アレキサンダー
あやつら、余を愚弄するのか。
許 さ ん !!
ソトゥ子
リョウ・ダイバさんの…フィクションだから…ね……?
えーとえーとえーと……。
アレキサンダーさんが本気を出せば…もちろん、呂布さんに…勝てた、よね?
アレキサンダー
確かに奴の膂力は脅威だった。
だがしかし、覇者の名にかけて、二度と後れは取らん!
我が覇道には、微細な汚点とて不要!
神門
俺としては見くびられたままの方が、
やりやすいんだがな。
アレキサンダー
ブレーバー同士の団結も不要! ゆえに土産も不要!
だが、黒の世界にはジロウという食の究極を突き詰めた有名店があると聞く。
土産話くらいはしてやろう。
ソトゥ子
〓 11-17 〓 RN:Flan
アレキサンダーさん貴方に純粋に聞きたい!
九大英雄たる貴方がただ一人ハブられたときの気持ちを!
アレキサンダー
特に感慨などない。
覇王はもとより、この世にひとり。
このように世俗と交わること自体が稀なのだ……。
ソトゥ子
もともと…パートナーゼクスを招待する予定は…なかった。
後半の第6回以降は…やむを得ず、方針変更したけど…フィエリテさんやズィーガーさん、
それから…龍膽さんは、直接…呼んでない。自主的に…来た。
神門
良かったな、アレキサンダー。
爪弾きにされたわけではなさそうだぞ。
アレキサンダー
そ、そうか……!
…………はっ。

effect:アレキサンダーがテーブルを叩く音

アレキサンダー
ええい、もっとましな質問はないのか!
座右の銘とか! 尊敬する人物とか! 好きな酒とか!
余に尋ねるべきことなど、いくらでもあろう!
ソトゥ子
だって…真面目な質問
ぶつけても…面白そうな話、
聞き出せなさそうだし……。
アレキサンダー
ふぬぅ!?
ソトゥ子
わ、わかったから…落ち着いて!
ソトゥ子
〓 11-18 〓 RN:白窓ヨシキ
アレキサンダーさんは目に映るもの全てを我がものとする野望をお持ちだそうですが、
我がものとしたあとはそれらをどう扱うつもりなのですか?
アレキサンダー
支配するが?
ソトゥ子
具体的には……?
アレキサンダー
平和的に支配するが?
ソトゥ子
…………。
ソトゥ子
〓 11-19 〓 RN:RX3939
アレキサンダーさんにお聞きしたいことがあります。
赤の世界にもアテナさんや三成さんといった有能な指揮官がいるのに、
なぜ神門さんを自分の軍師にしようと考えたのでしょうか?
アレキサンダー
神門が試練に打ち克ったからだ。
「余の槍の一撃を避けてみせろ」
という試練にな。
ソトゥ子
普通の人間なら、
絶対…無理だと思う。
アレキサンダー
身の程知らずの行く末は、死、と相場が決まっておる。
下民の言葉に耳を傾けてやっただけでも有り難いと思え。
神門と初めて相対した時の余は、そのように考えていた。

effect:回想に入る音

アレキサンダー
余は軍師など欲しておらぬ。
何が目的か知らんが、
浅はかな知略のみで乱世を生き抜こうなど片腹痛いわ!
神門
そのようだな。甘かったよ。
せめて最期に、俺を貫くだろうその槍を、
よく見せてくれないか。
アレキサンダー
姑息な真似を企んではいまいな?
まあよい、どうせおまえには我が槍を満足に扱うことなどできん。
……どうした。受け取らないのか?
神門
貴様の目は節穴か?
避けてみせたぞ、たったいま。
貴様が差し出した槍の一撃を。

effect:回想から抜ける音

アレキサンダー
下らぬ屁理屈だが、余の気迫に臆せぬ度胸は本物。
覇道をこやつと共に歩むのも悪くはない。
そう思わせるだけの覚悟を、神門に感じたのだ。
神門
貴様の覇道なぞ、
俺にとって目的を果たすための
過程に過ぎないがな。
アレキサンダー
フン、初見から変わらず小癪な奴め。
さあ! 次の質問はなんだ? 気分がよい。
今宵はいくらでも付き合おうぞ!
ソトゥ子
さっきので終わり……。
アレキサンダー
バカな!?
神門
いや、そろそろ潮時だろう。
情報供与のボランティアはここまでだ。

ソトゥ子の部屋

ソトゥ子
〓 11-20 〓 RN:りんどーはん
天才軍師よ!
今のソリトゥスさんを見て何を感じた!?
神門
ふたたび会うことはないと思っていた。
貴様も試練を乗り越えたようだな。
ソトゥ子
まだまだ…これから。
神門
言うようになったじゃないか。
せいぜいこれからも貴様なりの生き様を貫くがいい。
ただし、俺の邪魔はしてくれるなよ。
ソトゥ子
そんなことしない……。
アレキサンダー
では、ゆくか。
神門
ああ……。
さらばだ、強敵よ!

effect:神門とアレキサンダーが消える音

ソトゥ子
……ともって言った?
気のせい…だよね。

ページトップへ