英雄達の戦記9 第5話

英雄達の戦記9

[ 2016.07.04 掲載 / 2016.07.14 更新 ]

予告編

イベントレポート

2016年7月10日(日)、仙台のTKPガーデンシティにて
英雄達の戦記9第5話(北海道・東北編)が開催されました。

景色

いいですね、地上30階。
気持ちが高揚します。

会場

会場の設備もなにやら豪華です。
いつもと同じテーブルの黒布もリッチに見えてきます。

それでは、各コーナーの様子を見てみましょう。

射的

仙台会場の射的コーナーでは、
相馬とお別れして自分磨きをしているフィーユになりきります。
なりきるために、猫耳を装着します。絶対です。

ターゲットはプラセクト。
緑の世界ならではの配役ですね。

対戦

イグニッション久保田は「裏切りの連鎖」のカードを組み込んだデッキを持ち込みました。
中には未公開のカードもあり、くれぐれもお友達に教えないよう緘口令が敷かれた様子です。
会場へお越しの皆様へのサービスですね!

では、ストーリーの確認をしてみましょう。

雨宿りのため古びた屋敷を訪れた、千歳、龍膽、優鉢羅の3人。
ぬっと現れた相馬は「ここはヤバイ」と忠告し、壮絶な悲鳴とともに姿を消しました。これはヤバイ。
気がつけば優鉢羅もいなくなっています。ヤバイ。

異常さを理解した千歳は仲間を救出し脱出を目指します!

……が、実際のところは悪戯大好きリーファープロデュースによる、
生命を脅かすほどのものではないトラップ屋敷だったのでした。

ずっと前からいたような気もするゼクス使い桜街紗那と、
彼をお嬢様呼ばわりするユーディやポピーとの関係については、
遠くないうちに明らかになることでしょう。

形式上は、千歳vs紗那。
ストーリーの分岐はあっさりしたものです。

分岐A。
千歳の得票が多かった場合、千歳は仲間を連れて脱出に成功します。

分岐B。
紗那の得票が多かった場合、千歳たちは無様な姿で発見されます。

いつもと同じく、勝利側にまつわるカード作成のおまけつきです。

果たして!?

結果

千歳勝利!

前回、暁十天&三博士世羅との勝負に敗れてしまった千歳でしたが、
別の形で雪辱を晴らせたようです。
きっとカード化した暁には笑顔のVサインでも見せてくれることでしょう。

告知

閉会式の一幕から。
イグニッション久保田のコメントを抜粋してお届けします。

「分かたれたふたりが、そんな簡単に出会えると思ったかぁ!」

7月度の公認大会で配布されている《七仙女 乙姫》に対応する《彦星》はまだ存在しません。
とりあえず確保しつつ、来年の七夕に期待しましょう。

七夕

会場には先日のイグニッション放送局で公開された笹飾りも置かれていました。

ソトゥ子さんはTwitterでも企画物の再開を匂わせていたので、
そのうちなにかしらアナウンスがあると思われます。

無事、救出されれば……。

英雄達の記録

ゼクスタ

ゼクストリーム

店舗主催イベント

ページトップへ