英雄達の戦記7《関東編》

英雄達の戦記7《関東編》

[ 2015.02.19 掲載 / 2015.02.26 更新 ]

予告編

イベントレポート

2015年2月22日(日) 通算5回目となる
「秋葉原ゼクストリーム 2015.SPRING」が開催されました。

看板 雨

そして、天候はまたも雨。
しばらくしたら止んでくれましたが、
どうにもこうにもゼクストリームは悪天候スタートを避けられないようです。

待機列

それでは、当日の様子を見ていきましょう。

開場前

リゲル

入口ではおなじみ等身大リゲルがお出迎え。
先月末に1/8スケールフィギュア「ソードスナイパー リゲル」が無事発売されたため、
実はこれが最後の出撃でした。

以前もお伝えしましたが、等身大リゲルはとんでもない重量級ですので、
余程のことがない限り、今後は表舞台へ姿を現さないと思われます。
身体を張った営業、ご苦労様でした!

大物グッズ

1階物販コーナー周辺には商品サンプルが。
壁際にはここ半年で発売された本商品のカード一覧とともに、
表面積の大きな商品が壁に掲示されていました。

カードサプライを除いたシーツデビューがグッズデビューという異常事態。
ほのめと迦陵頻伽も、リゲルに引けをとらないくらいに身体を張っています。
張りすぎです。

小物グッズ

メタルカードやボイスタイマーカードなどの小物類は、ショーケースで小綺麗に。

2015年2月26日(木) 17時 〜 2015年3月17日(火) 10時 の期間、
一部の商品をブロッコリーオフィシャルストアにて受注販売しています。
どうぞご利用ください。

ルクスリア

商品サンプルに並んで、1/8スケールフィギュアシリーズの第3弾
七大罪 色欲の魔人ルクスリア」原型が展示されていました。
翻ったマントや足元の小物など細部のつくり込みがすごいことになっています。
マントに支えられる形で本体が浮いている点にも注目です。

そして、なんといっても、デカい。

発売までにはまだ時間がかかりそうですが、期待は裏切りません。
首を長くしてお待ちください。

あづみコス 綾瀬コス 竜巫女コス

あづみ、綾瀬、竜の巫女も定位置でスタンバイ。
いよいよ開場です!

開場後

ゼクストリーム会場2階。
IG(イグニッション)久保田がスクリーン前に立ち、開会を告げます。
ちなみに、長らく相方を務めたSB(サンドバッグ)山本に代わって司会補佐を務めているのは
SP(サプライ)斎藤改め、MZ(モザイク)斎藤です。

IGMZ

それはさておき、開会式と言えばプロローグムービー!
英雄達の戦記7の開幕を告げる第1話《関東編》のプロローグをご覧ください!
予告編の断片映像だけではほとんど意味が分わからなかったかと思いますが、
ほのめと八千代の間に、一体全体何が起きたのでしょう?

英雄達の戦記関連のムービーとしては過去最長の8分27秒を記録しています。
長丁場になりますが、どうぞご覧ください。

実を言うと今回の対決構図は「ほのめvs八千代」ではありません。
どちらかと言うと「迦陵頻伽vsアルモタヘル」です。

サブタイトルの「Bonds of Friendship.」の意味は「友情」。
大切なパートナーの尊厳を守るため、あるいは強さを証明するため、
パートナーゼクスたちが慣れない戦いを決意しました。

八千代とアルモタヘルは弱い自分を認め、強くなりたいと願います。
足りないものは、自信。
とにもかくにも勝利して “変わるきっかけ” が必要だったのです。

ほのめと迦陵頻伽は仲の悪さばかりが目立っていますが、実はちょっと違います。
ムービーのラスト付近のエピソードで、その片鱗が垣間見えたのではないでしょうか。
ふたりの関係性については、NF DramaCD (3)「ソトゥミサ放送局 R」の本編とジャケット裏の
おまけストーリーでも語られていますので、機会があればご視聴ください(PR)。

2F

そして開会式が終了。
ほのめ&迦陵頻伽、八千代&アルモタヘル、
のいずれかを支援すべく、ゼクス使いたちによるランブルも開始されました!

※予測を遥かに超えるお客様が来場されたため、急遽、ランブルを3戦までとしました。
 対戦を楽しみに参加された皆様へ、ご迷惑をおかけしました。

久保田対戦席

IG久保田は全10戦をこなし、7勝を記録。
英雄達の戦記7は危なげない滑り出しとなったようです。
当日、彼が使用したデッキはこちらをご参照ください。

なっしー

2階会場ではランブルのほかにも初心者体験会が行われました。
いつも当コーナーを担当していたサプライ斎藤が改名とともに別コーナーへ異動したため、
彼の支配下にあるニューフェイスが駆け出しゼクス使いたちに熱弁を振るうことに。

何かしらのキャラが立って来たら、
何かしらのニックネームを彼にもつけたいと思います。

B1F

一方、地下1階でも2階同様ランブルが行われました。
ぱっと見、2階と区別がつきませんが別フロアです。

強敵

2階の初心者体験会同様、地下1階でもサブイベントが行われました。
「任務発令!強敵を破れ!!」という名目のもと参加者が入れ替わり立ち代わり
4人のスタッフに挑む、いわゆるガンスリンガー戦です。

矢印の付いている怪しいメンバーがスタッフ。
赤い仮面をつけている者が主犯格のようです。
……が!

強敵とか言っておいて、どうやらスタッフ勢は負け越した模様。
しかも、赤い仮面の男をよく見てみれば……!

MZ

いえ、よく見てもよく分かりませんでした。
が、しつこくもう一度よく見ると、仮面にモザイクがかかっています。
MZ斎藤は初心者体験会コーナーを離れ、こちらを担当していたようです!

しかし、“怪しい” を通し越して、“妖しい” 雰囲気全開ですよ。
このままの格好で屋外へ出たら、ものの数分でお縄につく気がします。

SB

そして、こちらもお気づきの方がいたかもしれません。
先日、Z/Xスタッフを引退したはずのSB山本が、
ファン?の根強い声に応えて、駆けつけてくれました!

サイン会 手渡し

駆けつけてくださったといえば、この方を忘れてはなりません。
サイン会を担当されたのは、蝶ヶ崎ほのめや迦陵頻伽、バンシーなどを手がける希先生でした。
お忙しい中、ご参加ありがとうございました!

ステージ

日も傾き、残す演目はステージのみ。

ステージ前 遠藤さん

司会に声優の遠藤ゆりかさんを招き、
1階ステージにて、英雄達の戦記7《関東編》の結果発表が行われました!
ほのめびんが、八千代アルモの戦いの行方は!?

投票箱 集計中

勝敗は当日の会場周辺で参加者が手に入れた「運命の欠片」のポイント数で決します。
第6章では1ポイントだけだった欠片ですが、
第7章では1、2、10、100ポイントの4種類が配布されたようです。

100ポイントを手にした方は、強い運命力を持っているのでしょう。

見上げる

結果を見上げる遠藤さん!

ちなみに、遠藤さんは蝶ヶ崎ほのめ役を担当されています。
彼女も密かに応援していたという、ほのめの活躍は!?

結果

無慈悲なダブルスコア。
ジャスト4000差。

八千代&アルモタヘル、圧勝!

なお、ほのめと迦陵頻伽は1月下旬に本製品デビューしたばかりです。
加えて2月22日はほのめの誕生日という時期的な要素がからみ、
物販商品やキャンペーンがほのめ寄りになっていたことは否定しません。

その分、プロローグムービーは八千代寄りの時間配分で制作されたのですが、
“いらぬお節介” とばかりの勢いを、八千代&アルモタヘルが見せつけました!
勝利報告も兼ね、今頃は上機嫌で大和の元へ向かっていることでしょう。

そして、野良試合とはいえ初の公式戦で敗北してしまったほのめも、
失敗を糧にさらなる成長を見せてくれるはずです。
そしていつか、迦陵頻伽も認める “素敵な女性” に……?

ともあれ、強い絆で結ばれたこの2組に、祝福あれ!

続いて、ステージでは「2015年上半期展開発表会」が行われました。
13弾「変革の疾風(仮)」や倉敷世羅の赤青スターター「灼熱の暴竜(仮)」など、
2015年前半の展開予定が発表されています。

詳しくはこちらをご覧ください。

鈴木さん 金元さん

発表会終盤では、スペシャルゲストのおふたりも登場!
迦陵頻伽役の鈴木絵里さん、倉敷世羅役の金元寿子さんです!

3人

おふたりに遠藤さんを加えたお三方には、NF DramaCD (3)「ソトゥミサ放送局 R」や
次に控えるドラマCDシリーズ最新作の情報をお伝えしていただきつつ、
直筆サイン入り景品を懸けたじゃんけん大会へなだれ込み。

以上でステージは閉幕となりました。

プレス

皆様お疲れ様でした!

重ねて申し上げますが、当日は多方面で参加者の皆様へご不便をおかけしました。
この反省を今後のイベント運営に反映させてゆく所存です。

おまけ

Twitter上で行われていたキャンペーン「蝶ヶ崎ほのめ マイ・ベスト・パートナー」
正史とはならなかったミケとソマリの紀行文をこっそり公開します。
よろしければご覧ください。

赤ミケ 青ミケ 白ミケ 黒ミケ 緑ソマリ

ページトップへ