日本選手権 2017

日本選手権 ロゴ
日本選手権 リード

[ 2017.04.06 掲載 / 2017.04.27 更新 ]

全国のZ/Xプレイヤーから “最強” を決めるイベントをこの夏開催します。
大会の名は「Z/X 日本選手権 2017」!

2017年9月に行われる「ゼクストリーム 2017.AUTUMN in 秋葉原」
会場内にて行われる決勝に向けて、
まずはZ/Xサポートショップにて行われます店舗予選にご参加ください!

全国にて開催される店舗予選を勝ち抜いた権利者は、
夏に行われます「日本選手権 2017 地区予選」にご参加いただけます。

[ 2017.04.24 追記 ]
・「デッキ構築ルール:封神指定」の説明を簡略化しました(内容に変更はありません)。

スケジュール

区分

開催日時

会場

1.店舗予選 5月13日(土) 〜 6月11日(日) サポートショップ各店
2.地区予選 関東 7月22日(土) 東京
関西 7月29日(土) 大阪
中部 8月初旬予定 調整中
3.決勝大会 9月17日(日) ゼクストリーム 2017.AUTUMN in 秋葉原

前回開催:日本選手権 2016

日本選手権 実施概要

参加される方はすべての項目をお読みください。

持ち物

下記の持ち物については各自でご用意ください。

  • デッキ
  • 筆記用具

大会形式

  • スイスドロー形式
  • 制限時間30分1本勝負

参加者人数に応じて規定数回戦を行います。
回戦の途中で全勝者が1名になった場合でも、規定の回戦数を行います。

店舗予選では各店舗の上位1名が地区予選の出場権利を獲得します。
地区予選は「関東」「関西」「中部」の3会場合わせて最大102名が参加可能です。

   
参加者数 回戦数
1 対戦なし(参加者の方が優勝となります)
2 1回戦
3 2回戦(総当たり戦)
4 スイスドロー2回戦
5〜8 スイスドロー3回戦
9〜16 スイスドロー4回戦
17〜32 スイスドロー5回戦
33〜48 スイスドロー6回戦

▶ 制限時間内に対戦が終了しなかった場合の処理

  • その時点の進行中のプレイヤーの次のプレイヤーまでゲームを進めます(追加の1ターンが与えられます)。
    追加の1ターン終了時に対戦が終了していなかった場合はライフが多いプレイヤーが勝者となります。
    ライフが同じだった場合は、両者敗北となります。
  • 追加のターンと共に追加の時間として5分が与えられます。
    5分以内に対戦が終了しなかった場合、その時点で対戦を終了し、ライフが多いプレイヤーが勝者となります。
    ライフが同じだった場合は、両者敗北となります。
  • 制限時間経過後にターンを進行していたプレイヤーは追加の5分間の間に対戦相手にターンを渡す必要があります。
    その際、残り時間は十分な時間を残す必要があります。
    十分な残り時間が与えられないと大会責任者(店舗の担当者、Z/Xマイスター)が判断した場合は、強制的にターンを終了し、追加のターン(最終ターン)に移行して下さい。

▶ 大会におけるトラブル時の処理・大会責任者

  • 店舗の担当者(Z/Xマイスター)にジャッジを一任します。

デッキ構築ルール

▶ 使用可能カード

カードNo.が下記の番号で始まるカード、もしくはそのカードと同名のカードが使用できます。

  • B16 / B17 / B18 / B19 / B20
  • C16 / C17 / C18 / CP01
  • E07 / E08
  • P16 / P17 / P18 / P19 / P20

※B16-XXX「統べて識る者ギルガメシュ」は使用可能です。
 そのため、P15-038「統べて識る者ギルガメシュ」も使用可能です。

そのほか、期間中に発売・配布されるカードの使用可能日については別途告知します。
それらのカードは発売・配布の開始日と使用可能日が異なる場合がありますので、ご注意ください。

▶ 封神指定

現在封神指定されているすべてのカードを使用することが出来ません。

B03-103「気高い女王ローリエ」(P03-003,P16-021)
B15-036「道交変形セリウム」
B15-091「快速獣人ウェアプロングホーン」
B18-100「枝植の胎動」
B19-081「切断の細糸 金糸梅」
C14-013「黄金色の幸せマレイン」

また、エラッタが適用されているカードはすべて最新の内容に読み替えます。

▶ プロモーションカード

プロモーションカードについてはそのカードの配布開始日の翌日より使用可能になります。
書籍の付録など商品に付属するプロモーションカードはその商品の正式発売日の翌日より使用可能になります。

▶ カード検索

具体的な使用可否に関しましては、カード検索機能をご利用ください。

※プレイヤーカードに関しましては数が膨大であるため、B16以降のみ抽出されます。
 使用可能カードに則したカードであれば、検索結果に表示されなくとも使用可能です。

カード検索

スリーブ及びスリーブプロテクター

▶ スリーブ

  • カードを保護するためのカードスリーブについては状態のよいものを使用し、裏側からカードの判別ができないようにしてください。
  • デッキに使用するスリーブはすべて同一の柄のものを使用してください。
  • デュナミスに使用するスリーブはデッキと異なるものを使用してもかまいません。
    また、デュナミスに使用するスリーブは同一の柄である必要はありません。

▶ スリーブプロテクター

  • スリーブを保護するスリーブプロテクターはご使用いただけます。
  • スリーブプロテクターを重ねて使用することによりゲームに支障を来す場合、大会主催者の判断で使用を中止していただく場合がございます(カードのテキストが判別できないなど)。

フロアマナー

参加者は下記の内容に従って大会にご参加ください。

始めに
  • Z/X日本選手権2017の参加者・関係者は他のすべての参加者・関係者に敬意をもって紳士的に接するようお願い申し上げます。
    また、大会の運営が円滑に行われるようご協力をお願い申し上げます。
  • 対戦に慣れていない参加者の方もいらっしゃいます。大会中に判らないことがあればすぐにジャッジを呼んでください。
    ただし、相手に罰則を与えることを目的としてジャッジを呼んではいけません。
大会参加時は清潔に
  • 大会に参加するときは相手に不快感を与えない清潔な身だしなみをお願いいたします。
  • 不適切であると判断された場合は罰則が科せられる場合がございます。
対戦時間につきまして
  • 試合は一本制30分で行われます。対戦時間はその大会の主催者の時計にて管理されます。
  • プレイは出来るだけ迅速に進めていただけるようにお願いいたします(遅いプレイは対戦をしているプレイヤーだけではなく、すべての参加者の時間を奪います)。
  • 多くの時間を浪費して遅いプレイを行いターンを続けた場合、警告が与えられる場合がございます。
    やるべきことがない場面での長考など意図的な遅延行為は警告よりも重い罰則が科せられる場合もございます。
  • 制限時間経過後にターンを進行していたプレイヤーは追加の5分間の間に対戦相手にターンを渡す必要があります。
    その際、残り時間は十分な時間を残す必要があります。
    十分な残り時間が与えられないと大会責任者(店舗の担当者、Z/Xマイスター)が判断した場合は、強制的にターンを終了し、追加のターン(最終ターン)に移行して下さい。
円滑なコミュニケーションをとる努力をしましょう
  • 対戦に必要な宣言などのコミュニケーションは、はっきりと相手に伝わるように配慮をお願いいたします。
デッキリストについて
  • デッキリストを記入する場合は読みやすいように正確にご記入をお願いいたします。
  • デッキリストが読めない場合や内容に誤りがある場合、罰則が科せられる場合がございます。
不正行為や疑わしい行為をしないようにする
  • 不正行為や不正行為と疑われるような行為を行うことはご遠慮ください。不正行為に対しては重い罰則が科せられます。
    また、勝敗の売買やそれに類する行為は不正行為とみなします。
対戦中の電子機器の使用
  • 対戦中は時間を確認すること以外の目的で電子機器を閲覧することはできません。
対戦中のメモの使用
  • 対戦中はメモを取ることはできません。
裏から見て区別がつくカードについて
  • 裏から見て区別のつくカードを使ってはいけません。
  • 特に、フリーカードを使用する場合、裏から見て区別がつかないような配慮をお願いいたします。
スリーブとプレイマットについて
  • 公序良俗に反すると判断されるスリーブやプレイマットの使用はご遠慮ください。
  • 大会中、使用しているスリーブやプレイマットが公序良俗に反していると判断された場合、そのスリーブやプレイマットの使用をご遠慮いただく場合がございます。
投了、合意の上の引き分け、Z/X以外の方法で勝敗をつける行為について
  • プレイヤーはいつでも投了することができます。
    また、たとえ相手と合意の上であっても意図的にゲームを引き分けにすることは認められません。
  • Z/X以外の方法で勝敗をつけてはいけません。
観戦と撮影について
  • 対戦者は対戦中、観戦者と会話をしてはいけません。観戦者は対戦中のプレイヤーに話しかけてはいけません。
  • 観戦者は対戦者の真後ろに立つことはご遠慮下さい。また、観戦はあまりテーブルに近づきすぎないようにしてください。
  • 観戦者がルールミス・不正行為等を見つけた場合、直接対戦者に声掛けをせずに即座にジャッジへの報告をお願いいたします(観戦者が試合の進行を止めることはできません)。
  • 他の参加者の許可なく録画や撮影してはなりません。
持ち物の管理
  • 自分のデッキや自分の持ち物は常に自分の目の届く場所で管理をお願いいたします。
カードが混ざっていないかのご確認のお願い
  • 対戦後はお互いのカードが混ざっていないかのご確認をお願いいたします。
  • 相手のカードがデッキに混ざっている状態、自分のデッキにカードが足りない状態で次の対戦を始めてしまうとその対戦は敗北となる場合がございます。

ページトップへ