日本選手権 2017

日本選手権 ロゴ
日本選手権 リード

[ 2017.04.06 掲載 / 2017.09.04 更新 ]

全国のZ/Xプレイヤーから “最強” を決めるイベントをこの夏開催します。
大会の名は「Z/X 日本選手権 2017」!

2017年9月に行われる「ゼクストリーム 2017.AUTUMN in 秋葉原」会場内にて行われる決勝に向けて、まずはZ/Xサポートショップで行われる店舗予選にご参加ください!

全国にて開催される店舗予選を勝ち抜いた権利者は、7月下旬から8月上旬にかけて行われる「日本選手権 2017 地区予選」にご参加いただけます。

[ 2017.09.04 追記 ]
・実施概要を更新しました。
・決勝大会の概要を掲載しました。

スケジュール

区分

開催日時

会場

1.店舗予選 5月13日(土) 〜 6月11日(日) サポートショップ各店
2.地区予選 東日本 7月22日(土) ジャンプビクトリーカーニバル(東京)
西日本 7月29日(土) ジャンプビクトリーカーニバル(大阪)
中日本 8月5日(土) 全国エンタメまつり(岐阜)
3.決勝大会 9月17日(日) ゼクストリーム 2017.AUTUMN in 秋葉原

前回開催:日本選手権 2016

日本選手権 実施概要

参加される方はすべての項目をお読みください。

持ち物

下記の持ち物については各自でご用意ください。

  • デッキ
  • 筆記用具

大会形式

  • スイスドロー形式
  • 制限時間30分1本勝負

参加者人数に応じて規定数回戦を行います。
回戦の途中で全勝者が1名になった場合でも、規定の回戦数を行います。

地区予選では各地区予選の権利割振り「東日本地区予選(東京開催)7権利」「西日本地区予選(大阪開催)6権利」「中日本地区予選(岐阜開催)3権利」に応じた上位者が、2017年9月17日(日) 開催の「ゼクストリーム 2017.AUTUMN in 秋葉原」内にて行われます決勝大会の出場権利を獲得します。

   
参加者数 回戦数
1 対戦なし(参加者の方が優勝となります)
2 1回戦
3 2回戦(総当たり戦)
4 スイスドロー2回戦
5〜8 スイスドロー3回戦
9〜16 スイスドロー4回戦
17〜32 スイスドロー5回戦
33〜48 スイスドロー6回戦

[ 2017.09.04 追記 ]

決勝大会においては大会形式が変更となります。
詳細はこちらをご確認ください。

▶ ゲーム開始時にプレイヤースクエアに置くスタートカードについて

  • ゲーム開始時にプレイヤースクエアに置くスタートカードは大会中、すべての対戦で同じカードを置く必要があります(対戦毎に異なるカードを置くことはできません)。
  • 適用開始日:2017年5月27日(土)

例:デッキ内に「常在スタートカード」を持つカードが、B20-046「反乱の狼煙セルカークレックス」1枚とB16-046「棒手売のソコケ」2枚がある場合、大会の1回戦でゲーム開始前の手順でB16-046「棒手売のソコケ」をプレイヤースクエアに置いたならば、2回戦目以降もゲーム開始前の手順でデッキ内のいずれかのB16-046「棒手売のソコケ」をプレイヤースクエアに置く必要があります。

ゲーム開始時にプレイヤースクエアに置くスタートカードについては従来の総合ルールでは対戦毎にデッキ内にあるスタートカードから任意のカードを1枚選び、プレイヤースクエアに置くことが出来ました。ただし、これは対戦相手がどういったデッキを使用してくるのか事前には分からないことが前提として制定されたルールになります。

今回の日本選手権2017において、このルールを利用し「大会中に他のプレイヤーのデッキを事前に把握しておくことで相手のデッキに合わせてスタートカードを変更し、ゲーム開始前に有利な状況を作る」という行為が行われる可能性があり、その行為が行われることは大会に参加しているすべてのプレイヤーにとっての公平性が損なわれると我々は判断いたしました。
そのため、日本選手権2017においては、店舗予選及び地区予選、決勝といずれの大会でも対戦毎のスタートカードの変更を禁止いたします。

店舗予選期間中に突然のルール変更となり、プレイヤーの皆様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。これも日本選手権2017を皆様に楽しんでいただくための措置となりますので、ご理解いただけますと幸いです。

※こちらのルールに関してはあくまで日本選手権2017限定のルールとなります。通常のイベントでは対戦毎にデッキ内のスタートカードを任意に選択いただけます。

2017年5月26日(金)
株式会社ブロッコリー
Z/Xプロデューサー
久保田俊介

▶ 制限時間内に対戦が終了しなかった場合の処理

  • その時点の進行中のプレイヤーの次のプレイヤーまでゲームを進めます(追加の1ターンが与えられます)。
    追加の1ターン終了時に対戦が終了していなかった場合はライフが多いプレイヤーが勝者となります。
    ライフが同じだった場合は、両者敗北となります。
  • 追加のターンと共に追加の時間として5分が与えられます。
    5分以内に対戦が終了しなかった場合、その時点で対戦を終了し、ライフが多いプレイヤーが勝者となります。
    ライフが同じだった場合は、両者敗北となります。
  • 制限時間経過後にターンを進行していたプレイヤーは追加の5分間の間に対戦相手にターンを渡す必要があります。
    その際、残り時間は十分な時間を残す必要があります。
    十分な残り時間が与えられないと大会責任者(店舗の担当者、Z/Xマイスター)が判断した場合は、強制的にターンを終了し、追加のターン(最終ターン)に移行して下さい。

▶ その他トラブル時の処理

  • 対戦中のルールの疑問やトラブルなどが発生した際は、必ずジャッジをお呼びください。
  • 1試合30分となりますので、出来うる限り円滑なゲームの進行を行って頂きます様お願い申し上げます。
    ※ゲームの進行が滞っている場合や、おひとりで時間を使いすぎているとジャッジが判断した場合、お声掛けの上、ゲームの進行をお願いしたり、強制的にターンを終了させる場合がございます。ご了承頂きます様お願い申し上げます。

デッキ構築ルール

▶ 使用可能カード

2016年4月21日(木) から2017年9月16日(木) までに発売、配布されたすべてのカードが使用できます。
カードNo.が下記の番号で始まるカード、もしくはそのカードと同名のカードが使用できます。
地区予選のデッキ構築ルールに関しましては、別途地区予選の詳細もご確認ください。

  • B16 / B17 / B18 / B19 / B20 / B21
  • C16 / C17 / C18 / CP01 / CP02 / CP03
  • E07 / E08 / E09
  • F29
  • P16 / P17 / P18 / P19 / P20 / P21(2017年9月16日配布のものまで)

※B16-XXX「統べて識る者ギルガメシュ」は使用可能です。
 そのため、P15-038「統べて識る者ギルガメシュ」も使用可能です。

▶ 封神指定

下記のカードは使用に制限があります。
「Z/X日本選手権 2017」ではこのカードを使用することができません。

B03-103「気高い女王ローリエ」(P03-003,P16-021)
B17-074「『悪疾』の伝道者プレェグ」
B18-100「枝植の胎動」
B19-085「亡霊光虫ゲンジファイア」
B19-069「調教師スケルタルトレーナー」
B19-081「切断の細糸 金糸梅」

また、エラッタが適用されているカードはすべて最新の内容に読み替えます。

▶ プロモーションカード

プロモーションカードについてはそのカードの配布開始日の翌日より使用可能になります。
書籍の付録など商品に付属するプロモーションカードはその商品の正式発売日の翌日より使用可能になります。

▶ カード検索

具体的な使用可否に関しましては、カード検索機能をご利用ください。

※プレイヤーカードに関しましては数が膨大であるため、B16以降のみ抽出されます。
 使用可能カードに則したカードであれば、検索結果に表示されなくとも使用可能です。

カード検索

スリーブ及びスリーブプロテクター

▶ スリーブ

  • お使いになるデッキは必ずスリーブに入れてください。
    (デッキ50枚に関してはすべて同一の柄のものを使用してください)
    プレイヤーカード、デュナミスに関してはデッキと異なるスリーブをご使用頂いても問題ございません。
    また、デュナミスに使用するスリーブは同一の柄である必要はありません。
  • カードを保護するためのカードスリーブについては状態のよいものを使用し、裏側からカードの判別ができないようにしてください。
  • デッキに使用するスリーブはすべて同一の柄のものを使用してください。
  • デュナミスに使用するスリーブはデッキと異なるものを使用してもかまいません。
    また、デュナミスに使用するスリーブは同一の柄である必要はありません。

▶ スリーブプロテクター

  • スリーブを保護するスリーブプロテクターはご使用いただけます。
  • スリーブプロテクターを重ねて使用することによりゲームに支障を来す場合、大会主催者の判断で使用を中止していただく場合がございます(カードのテキストが判別できないなど)。

フロアマナー

参加者は下記の内容に従って大会にご参加ください。

[ 2017.07.14 追記 ]
一部の文言を更新しました(黄色テキスト項目)。

始めに
  • Z/X日本選手権2017の参加者・関係者は他のすべての参加者・関係者に敬意をもって紳士的に接するようお願い申し上げます。
    また、大会の運営が円滑に行われるようご協力をお願い申し上げます。
  • 対戦に慣れていない参加者の方もいらっしゃいます。大会中に判らないことがあればすぐにジャッジを呼んでください。
    ただし、相手に罰則を与えることを目的としてジャッジを呼んではいけません。
大会参加時は清潔に
  • 大会に参加するときは相手に不快感を与えない清潔な身だしなみをお願いいたします。
  • 不適切であると判断された場合は罰則が科せられる場合がございます。
対戦時間につきまして
  • 試合は一本制30分で行われます。対戦時間はその大会の主催者の時計にて管理されます。
  • プレイは出来るだけ迅速に進めていただけるようにお願いいたします(遅いプレイは対戦をしているプレイヤーだけではなく、すべての参加者の時間を奪います)。
  • 多くの時間を浪費して遅いプレイを行いターンを続けた場合、それの意図するしないに関わらず、警告が与えられる場合がございます。
    やるべきことがない場面での長考などは遅延行為とみなされ、警告よりも重い罰則が科せられる場合もございます。
円滑なコミュニケーションをとる努力をしましょう
  • 対戦に必要な宣言などのコミュニケーションは、はっきりと相手に伝わるように配慮をお願いいたします。
デッキリストについて
  • デッキリストを記入する場合は読みやすいように正確にご記入をお願いいたします。
  • デッキリストが読めない場合や内容に誤りがある場合、罰則が科せられる場合がございます。
不正行為や疑わしい行為をしないようにする
  • 不正行為や不正行為と疑われるような行為を行うことはご遠慮ください。不正行為に対しては重い罰則が科せられます。
    また、勝敗の売買やそれに類する行為は不正行為とみなします。
対戦中の電子機器の使用
  • 対戦中は時間を確認すること以外の目的で電子機器を閲覧することはできません。
対戦中のメモの使用
  • 対戦中はメモを取ることはできません。
裏から見て区別がつくカードについて
  • 裏から見て区別のつくカードを使ってはいけません。
  • 特に、フリーカードを使用する場合、裏から見て区別がつかないような配慮をお願いいたします。
スリーブとプレイマットについて
  • お使いになるデッキは必ずスリーブに入れてください。
    (デッキ50枚に関しては同じスリーブで統一してください)
    プレイヤーカード、デュナミスに関してはデッキと異なるスリーブをご使用頂いても問題ございません。
  • 大会開催時または大会中、使用しているスリーブでカードの区別がつくとジャッジが判断した場合、他のスリーブに変更をしていただく場合がございます。
  • 公序良俗に反すると判断されるスリーブやプレイマットの使用はご遠慮ください。
  • 大会中、使用しているスリーブやプレイマットが公序良俗に反していると判断された場合、そのスリーブやプレイマットの使用をご遠慮いただく場合がございます。
投了、合意の上の引き分け、Z/X以外の方法で勝敗をつける行為について
  • プレイヤーはいつでも投了することができます。
    また、たとえ相手と合意の上であっても意図的にゲームを引き分けにすることは認められません。
  • Z/X以外の方法で勝敗をつけてはいけません。
観戦と撮影について
  • 対戦者は対戦中、観戦者と会話をしてはいけません。観戦者は対戦中のプレイヤーに話しかけてはいけません。
  • 観戦者は対戦者の真後ろに立つことはご遠慮下さい。また、観戦はあまりテーブルに近づきすぎないようにしてください。
  • 観戦者がルールミス・不正行為等を見つけた場合、直接対戦者に声掛けをせずに即座にジャッジへの報告をお願いいたします(観戦者が試合の進行を止めることはできません)。
  • 他の参加者の許可なく録画や撮影してはなりません。
持ち物の管理
  • 自分のデッキや自分の持ち物は常に自分の目の届く場所で管理をお願いいたします。
カードが混ざっていないかのご確認のお願い
  • 対戦後はお互いのカードが混ざっていないかのご確認をお願いいたします。
  • 相手のカードがデッキに混ざっている状態、自分のデッキにカードが足りない状態で次の対戦を始めてしまうとその対戦は敗北となる場合がございます。

ページトップへ